東戸塚眼科クリニック

東戸塚駅東口横にある様々な手術に対応した眼科です。

WEB 予約
診療予約
よくある症状
診療案内

白内障

白内障について

ポイント白内障とは、水晶体が白く濁る病気です。
白内障には視界が全体的にかすむ、視力が低下する、光をまぶしく感じる等様々な症状があります。
白内障を治すには、手術しか方法がありません。
症状が進行し、生活に不便さを感じたら手術を検討します。

 

白内障とは?

目の中にあるレンズ状組織(水晶体)が濁ってくる現象が「白内障」です。カメラのレンズ
にあたる「水晶体」が濁るため、その後ろの網膜(カメラのフィルムにあたる部分)にまで
光が十分とどきません。そのために、かすんだり、ぼやけたりするのです。

白内障の原因と治療

多くは老化現象であり、病気ではありません。程度には個人差がありますが、50 歳を超えると多かれ少なかれ誰でも白内障があります。
しかし、糖尿病やアトピー性皮膚炎、ダウン症の場合や、過去に眼球を強くぶつけたり、ステロイドという薬を使っている場合には、若いうちに白内障が始まることがあります。
まれに子どもや新生児に白内障が見つかることもあります。
進行した白内障の治療は手術が基本です。点眼薬で白内障の進行を抑えることはできますが、元に戻すことはできません。

白内障の症状

白内障には次のような症状があります。

  1. 目がかすむ
  2. 視界が暗く感じる
  3. ぼやけて見えにくい
  4. 視力が落ちる
  5. 二重三重にだぶって見える
  6. 光がまぶしい

症状が進行した場合

症状が進行し、生活に不便さを感じたら手術を検討します。

「不便さ」の例視界がぼやける。
屋外や逆光で一気に見えなくなる
など

手術は、いつ受けると良いですか?

白内障手術の適応の目安は、矯正視力(メガネやレンズを使ったベストの視力)がおよそ0.6 以下に下がった場合です。しかし、矯正視力が 1.0 でも、裸眼視力が落ちてきた場合や、
明るいところでかすみが強い場合には、手術の適応となります。
また、緑内障の中でも「閉塞隅角緑内障」になりやすいタイプの目(前房が浅い目)の場合には、たとえよく見えていても、早めに白内障手術を受けたほうがよい場合があります。

 

手術のあとは、どのくらい良くなりますか?

手術のあとは水晶体の濁りがとれますので、手術前よりもすっきりと見え、色はあざやかに見えて、手術を受けて良かったと思われることでしょう。
しかし、思ったほど見えない場合や不便なこともあります。これに関しては、「手術後の見え方と白内障手術の限界・欠点・注意点」を参照してください。

PAGE TOP