東戸塚眼科クリニック

東戸塚駅東口横にある様々な手術に対応した眼科です。

WEB 予約
診療予約
よくある症状
診療案内

糖尿病

糖尿病は怖い病気ですか?

日本国内で糖尿病の可能性がある人は740万人といわれています。糖尿病の初期では自覚症状がほとんどないため軽視されがちですが、血糖の高い状態が続くことで、全身にいろいろな糖尿病の合併症を引き起こします。

特に、「網膜症」、「神経障害」、「腎症」は3大合併症といわれ、多く見られる合併症です。進行すると深刻な状態に陥ってしまうこともあります。糖尿病は合併症が怖い病気です。

Copyright: Santen Pharmaceutical Co., Ltd.

糖尿病網膜症について

糖尿病網膜症は、糖尿病の合併症として発症する眼の疾患です。予備軍も含めると2,000万人といわれる糖尿病の患者数の多さもあって、糖尿病患者の約15%が発症し、成人での失明原因の第2位となっています。特に50~60歳代では失明原因の第1位となっています。

 

どうして、眼が悪くなるのですか?

眼の一番奥、眼底には網膜という神経の膜があり、多くの毛細血管があります。糖尿病の患者さんの血液は、党が多く固まりやすい状態になっているため、網膜の毛細血管を詰まらせたり、血管の壁に負担をかけて、眼底出血をしたりします。そのため、血液の流れが悪くなり、網膜に酸素や栄養素が不足し、これが糖尿病網膜症の原因となります。進行した場合には、硝子体で大出血が起こり、見えなくなる場合もあります。糖尿病網膜症の早期発見・治療が重要です。当院では、定期的な検査・治療を行います。
症状もなく、血糖値のコントロールが良好であれば半年~1年に1度の眼底検査でよく、眼底出血などの所見が見られるようになった場合には3カ月毎などもう少し診療間隔を短くすることをお勧めします。網膜の血流が悪くなり所見が悪化する場合には、網膜レーザー治療を、網膜のむくみである黄斑部浮腫が出現する場合には、眼内への薬剤注射を、糖尿病による白内障が出現し視力低下を起こした場合には白内障手術を行い、糖尿病による視機能の低下を最小限にできるよう精査・加療を行います。
健診等で糖尿病を指摘されたら眼科健診をお勧めいたします。

Copyright: Santen Pharmaceutical Co., Ltd.

糖尿病の眼の合併症には他にどのようなものがありますか?

高血糖による末梢神経障害および代謝異常などにより、糖尿病網膜症の他にも様々な合併症が起こります。白内障、血管新生緑内障の他に、黄斑症、屈折・調節異常、角膜障害、虹彩・毛様体炎、外眼筋麻痺、虚血性視神経症などがあります。

合併症の中には、通常であれば角膜障害のように激しい痛みを感じるものもありますが、末梢神経障害を起こした糖尿病患者さんでは痛みを感じない場合があり、治療が遅れていしまうことがあります。早期発見をし、進行を食い止めるためにも、眼科での定期的な検査は大切です。

 

糖尿病網膜症の治療にはどのようなものがありますか?

    • 血糖コントロール:単純網膜症では血糖コントロールによって、眼底出血が改善することもあります。また、他の治療の効果を十分なものにするためにも、血糖コントロールが不可欠です。
    • レーザー光凝固術:レーザー光凝固術は、網膜にレーザーを照射して、新生血管の発生を防ぐ方法です。また、出血や白斑も治療できます。この治療で視力が回復するわけではありませんが、網膜症の進行を阻止することができています。

・外来通院で治療可能です
・点眼麻酔をして、1回15~30分程度の時間で終了します
・進行の段階によって、数回に分けて治療します

  • 硝子体注射
  • 硝子体手術:新生血管が破れて硝子体に出血を起こす硝子体出血や、網膜が眼底からはがれる網膜剥離が起きた場合には、硝子体手術が必要となります。

 

 

PAGE TOP