東戸塚眼科クリニック

東戸塚駅東口横にある様々な手術に対応した眼科です。

WEB 予約
診療予約
よくある症状
診療案内

網膜レーザー治療

網膜レーザー治療について

レーザー光凝固術とは、ある波長のレーザーを照射することで網膜の病変部を凝固させ、病気の進行を抑える治療です。
視力の改善はできませんが、視力の維持、進行の予防という意味で、非常に有効な治療法です。

糖尿病網膜症や網膜裂孔など、さまざまな網膜の病気に対して行われます。
糖尿病網膜症などの眼底出血を来す疾患、網膜剥離の前兆である網膜裂孔等にレーザー治療が有効です。外来で短時間に施行可能です。

レーザー光凝固術が適応となる疾患

ここに任意の画像

糖尿病網膜症
糖尿病の合併症としても網膜症です。放置していると最悪の場合、失明に至ります。
血流が悪くなった部位を凝固させることで、網膜の虚血・低酸素を改善します。また、新生血管の発生の予防、黄斑浮腫の軽減といった効果も期待できます。

ここに任意の画像

網膜静脈閉塞症
網膜の静脈血管が詰まり、眼底出血や網膜浮腫をきたす病気です。
網膜を凝固させ、新生血管の発生の予防、黄斑浮腫の軽減が期待できます。

ここに任意の画像

網膜裂孔
網膜が裂けている状態です。
裂孔のまわりを凝固させ、進行を阻みます。

ここに任意の画像

中心性漿液性網脈絡膜症
網膜黄斑に、脈絡膜から漏れた水がたまってしまった状態です。
水の漏れる点を凝固させ、漏れを防ぎます。

ここに任意の画像

網膜細動脈瘤
動脈硬化などを原因として動脈に瘤が生じた状態です。
網膜の血管にできた瘤を凝固させ、血液成分の漏れを防ぎます

費用

健康保険の適用となる治療ですが、患者さんの目の状態によって大きく変化するため、一概には言えません。
また同様の理由で、お電話での回答もできません。予めご了承ください。
まずは一度、ご相談ください。

1割負担の方

約20,000円

3割負担の方

約60,000円

レーザー光凝固術Q&A

レーザー光凝固術を行う場合、痛みはないのでしょうか?

麻酔は、点眼によるもののみであり、注射麻酔は必要ありません。
照射中も、麻酔が効いているため、ほとんど痛みなく終えていただけます。なお、照射時間は5~10分程度です

レーザー光凝固術の副作用はありますか?

視力低下、一時的な目のくらみなどの副作用が報告されています。視力低下ときくと心配される方もおられるでしょうが、たとえ低下したとしても、レーザー光凝固術を行わない場合と比べると、その低下の程度は小さくなります。

レーザー光凝固術の費用はどのくらいですか?

健康保険の適用となる治療ですが、患者さんの目の状態によって大きく変化するため、一概には言えません。また同様の理由で、お電話での回答もできません。予めご了承ください。
まずは一度、ご相談ください。

PAGE TOP