東戸塚眼科クリニック

東戸塚駅東口横にある様々な手術に対応した眼科です。

WEB 予約
診療予約
よくある症状
診療案内

白内障手術

白内障手術について

ポイント 白内障を治すには、手術しか方法がありません。 白内障手術は痛くない安全な手術ですが、ときに予期しないことが起こります。 手術後の見え方の希望(どこにピントを合わせるか)は、手術前によく相談してください。 今かかっている病気、飲んでいる薬、そして過去にレーシックなどの手術を受けた人は申し出てください。

日常生活に支障がない程度であれば、点眼薬により、白内障の進行を遅らせます。これらの薬剤は、水晶体が濁るスピードを遅くするもので、症状を改善したり、視力を回復させることはできません。 白内障が進行して、日常生活に不自由を感じるようであれば、手術を行います。

白内障手術とは、濁った水晶体の中身(白内障)を超音波を使って取り去り、残った水晶体の袋(水晶体嚢)の中に眼内レンズを移植する手術です。 これを超音波白内障手術といいます。手術時間は 15 分くらいですが、手術準備や後片付けを含めますと 30 分から 1 時間程度かかります。麻酔は点眼のみか、軽い注射だけです。

切開

目に2mm程度の小さな切開を入れます。

超音波吸引

超音波にて濁った水晶体を砕き、吸引します。

眼内レンズ挿入

6mm程度の眼内レンズを挿入します。

スケジュールの例

1

術前検査

目の状態を調べたり、眼内レンズの種類や度数を決定したりします。

2

手術一週間前

眼内レンズの度数を確定させます。
手術前使用する点眼薬を処方します。

3

手術当日

術後は眼帯でご帰宅頂きます。

4

手術翌日

翌日朝に診察します。

5

手術後

その後は1週間後、2週間後、1ヶ月後と診療間隔を延長していきます。この間は点眼が必要となります。

白内障手術Q&A

手術は、いつ受けると良いですか?

白内障手術の適応の目安は、矯正視力(メガネやレンズを使ったベストの視力)がおよそ0.6 以下に下がった場合です。しかし、矯正視力が 1.0 でも、裸眼視力が落ちてきた場合や、明るいところでかすみが強い場合には、手術の適応となります。
また、緑内障の中でも「閉塞隅角緑内障」になりやすいタイプの目(前房が浅い目)の場合には、たとえよく見えていても、早めに白内障手術を受けたほうがよい場合があります。緑内障に関しては、別項を参照してください。

手術のあとは、どのくらい良くなりますか?

手術のあとは水晶体の濁りがとれますので、手術前よりもすっきりと見え、色はあざやかに見えて、手術を受けて良かったと思われることでしょう。しかし、思ったほど見えない場合や不便なこともあります。これに関しては、「手術後の見え方と白内障手術の限界・欠点・注意点」を参照してください。

入院手術と日帰り手術どう違いますか?

当院では日帰り手術を行っております。手術と聞くと、痛みや高齢者のリスク、ご自身の体力を心配される方もいますが、過度に不安を抱くことはありません。点眼麻酔が行われるため痛みはほとんどなく、手術の所要時間は10~20分ほどと短時間。いまでは入院を伴わない日帰り手術が主流になってきています。コントロール不良な高血圧や、糖尿病などの治療中で内科との連携が必要な方でなければ、基本的には日帰り手術が可能です。まとまった休みは取りにくい、入院するのが気分的に負担と思われる方には、日帰り手術は大きなメリットといえるでしょう。

PAGE TOP